那覇空港拡張整備促進連盟
輝く沖縄の未来へ向けて 輝く沖縄の未来へ向けて
 HOME > 那覇空港概要
連盟概要
会長あいさつ
活動実績
加盟団体
増える需要
那覇空港概要
航空行政の取組
リンク集
 
那覇空港プロジェクト
那覇空港調査連絡調整会議
 
那覇空港概要
 

概 要

   
 沖縄県の玄関口である那覇空港は、本土復帰後約30年が経過する間、利用者の増加や社会経済状況、利用者ニーズを踏まえて、施設が拡充されてきました。
 現在、那覇空港を利用する方は、年間1,490万人(平成20年度)に達しており、沖縄県を訪れる観光客の97%が空港を利用しています。また、観光やビジネスばかりでなく、われわれ県民の日常生活にも大きな役割を果たしています。
 那覇空港は地域の将来との関わりが深い、重要な空港です。

  那覇空港

利用状況

●利用状況国内で利用頻度が高い空港の1つです
 ・国内線28、国際線4路線が就航 (平成21年12月時点)
 ・年間離着陸回数は12万回を超える。(平成20年度実績)
 ・滑走路1本の空港では、第2位。
 ・ピーク時の運航便数35回(平成20年度実績)

●旅客需要は増加傾向にあります。
●観光客のほとんどは空路により訪問します。
●夏季などに旅客が集中しています。


利用状況


利用特性

●本土との路線では観光目的が中心
●離島との路線ではビジネスや帰省による利用が顕著
●観光客の約8割はリピーター 
●希望する到着時刻は11時台、出発時刻は16時台のニーズが高い
●フリープラン型のパック旅行や個人旅行の比率が約7割
●県外観光客の訪問地は本島が中心。ただし、離島を希望するニーズも高い


 
お問合せ先